ぐうたら村はこんなところです

八ヶ岳南麓、標高1111m。汐見村長と管理人のゴリが「ぐうたら村」のフィールドに出会ったのは2009年でした。1,900平米の耕作放棄地に立ち、八ヶ岳を背に富士山を眺めながら、この場所に保育や幼児教育に携わる者が学ぶエコカレッジがあったならどれだけ素敵だろうかと、時を忘れ夢を語りあいました。それから3年。2012年から少しずつ、そんな夢に共鳴してくださる皆さんと共に汗を流しながら、エコカレッジ「ぐうたら村」づくりは進んでいます。

ぐうたら村作りは、「こうあるべき」姿を完成させるワークではなく、ヒトが歩んできた道のりを体感できるワークや、他の命との関係を体感できるワークを大切にしてきました。丸太や廃材や土で小屋を建てたり、多様な命が生きる畑を営んでみたり、裸火を囲める場所を作ってみたり、かまどやオーブンを築炉してみたり…。そんな村づくりのワークを、保育者や教育者がその時々で集まったメンバーでやってみることから、たくさんを学んでいます。

そんなふうに、多様なメンバーによってゆっくりと進められてきた村づくりの結果、赤土砂漠だった土地は保育者が学ぶための豊かさを備えたフィールドとなりました。間伐丸太と番線で組んだやぐら、草屋根と本畳で断熱した漫画小屋、敷地の赤土を活かしたアースバッグハウス、身の丈にあった野菜をいただける不耕起の畑、ワークショップ後に火を囲むファイヤープレイス、敷地内に点在するニホンミツバチの巣箱、畑の間をついばみながら歩く烏骨鶏たち、ラベンダーを育て精油を抽出し、綿を育て紡ぎ、藍を育て染め、かまどでご飯を炊き、アースオーヴンでピザを焼き、木陰で休む。そんな環境で保育者が学ぶことが、ようやく可能になってきました。それでも、村づくりに完成はありませんから、今も多様な方がワークすることで、ゆっくりと変化し続けています。

10数年前には道路建設の残土を受け入れた耕作放棄地だった土地に、人が営むことで多様に豊かに変化してきたぐうたら村の環境。そんな村の敷地や周辺の八ヶ岳南麓のフィールドでの体験を通したリアルな学びに加え、ぐうたら村の理事たちが講師となって、保育者たちが「保育とはなにか?」と本質的に学ぶ研修が行われています。また、今後建設予定の「ぐうたラボ」が完成すると、ぐうたら村の豊かな環境をベースにした体験とぐうたラボを利用した座学との両輪で、この環境ならではの豊かな学びが実現できるようになる!と楽しみにしているところです。